大変古い木切れ(椰子の葉?)に
書かれた古代文書



インドのサンスクリット系の言語だと思います
カンナダ語とかテルグ語あたりかもしれません
シンハラ文字とは違うようです

何が書かれているのかさっぱり分かりません
チンプンカンプンとはこのことでしょう(笑)

どなたかお分かりになる方が見えましたらお教えください

立派な額に入っていてその額を入れてあるのも古い木箱という
大変珍しいものでした

希少性の高い文書らしいです

2枚で表裏2面にびっじり手描きされています

全部は写せませんが一部を下記に掲載いたします


木切れですが椰子の葉かどうかはっきり分かりません

お分かりになりましたらお教えいただければ幸いです

下記アドレスをクリックするとメーラーが立ち上がります
アドレス収集のスパム防止措置をしてありますので前半部分から@マークまでを入れてください

タイトルもそのままご連絡いただければ幸いです
(スパムメールが多いためタイトルを変更すると紛れ込んでしまいます)

市川